忍者ブログ

Dicey grove ~先の見えない小さな森~

社内SEの奮闘記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HSPとの向き合い方

こんにちは、いちよんです。
前回に引き続きHSPの記事です。

HSPについて知るために
こちらのアーロン先生の本を読み始めました。



ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫) [ エレーン・N.アーロン ]



感想(13件)



3分の1ほど読み進めたのですが、ズバリ私のことが書かれていました。
自分は他の人とどこか違う。
周りに気を使いすぎて疲れしまう。
自分に自信が持てず、不要な存在ではないかという思いに支配されることもあります。
他の人が深夜残業で無理な納期の仕事を熟す中、私の体はすぐにガタが来てしまい耐えられない。
上司からは甘えやサボリと思われ、パワハラを受けて鬱になりかけたこともありました。

そんな私ですが、ようやく原因がわかりました。
私は間違いなく HSP です。
これに気が付けたことがとても大きなことです。
原因がわかれば、それに対処することができるのですから。

まだ3分の1ほどしか読めていませんが、ここまで読み進めるのにもかなりの苦痛が伴いました。
自分がHSPだと認識するためには、過去の自分と向き合わなければならないからです。
過去の苦しんだ自分を思い出し、それがHSPの気質によるところだと認識する作業。
それは私に苦痛と動揺をもたらしました。
※布団に入っても動機が収まらず、2日くらい寝不足でした。

しかしそれを乗り越え、自分の中で消化することで、私はこの世界で生きていていいんだ、という思い、少しつづですが自尊心を持てるようになりました。
仕事への向き合い方も変わりました。
自分は他の人とは作りが違う。
周りより疲れやすく無理できない体なんだと認めることで、無理に周りに合わせて働く必要はないんだと思えるようになりました。
これを今までは甘えだと認識していましたが、甘えではないんですね。
自分の体と正しく向き合った結果です。

もし上司に甘えだと認識されてしまうのであれば、今の仕事は私には向いていない、体的に耐えられない職場だということ、ただそれだけです。
なので様子を見ながら仕事を変える検討をしています。

どんな仕事、職場ならHSPの私でも無理なく働くことができるのか。
焦らず探していくつもりです。

もし私と同じ症状でお悩みの方は、まずはアーロン先生の本を読んでみてください。
あなたがHSPであれば、自分の弱い体を克服するために色々なことを試してこられたはずです。
その一つの選択肢として、だめでもともと、まずは読んでみてください。


ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫) [ エレーン・N.アーロン ]



感想(13件)



この本を読むと、一時的に体調が悪くなるので、タイミングを計りながら読み進めたいと思います。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
いちよん
性別:
男性
職業:
製造業社内SE
趣味:
パソコン、タブレットなどIT全般
自己紹介:
ITが大好きな社内SE歴8年のいちよんです。
社内SEをしていて自分が困ったことや便利だと思ったことを綴っていきます。
アフィリエイトを導入していますので気に障る方はご覧にならないことをお勧めします。
2012年に結婚しました。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Amazonリンク

スポンサード リンク

慢性的な胃の不調、口臭対策にはエビオス!

PCなどの眼精疲労にはミホエーゴールド!

首の痛みにはボルタレンEXゲルをお試しください

どうしても頑張らなければいけないときに!

スポンサード リンク

忍者ブログ広告掲載

無料で使わせて頂いているので強制的に表示される忍者ブログの広告です。 体裁が崩れて不服ではあるのですがこちらに退避させて頂きます。
PR
Copyright ©  -- Dicey grove ~先の見えない小さな森~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]